Skip to main content Link Search Menu Expand Document (external link)


Meetupsに戻る
イベントは終了しました。レポートはこちら

meetup #116

Rails 7 のオンラインハンズオン

2021年12月にRails 7がリリースされました。 このバージョンではフロントエンド周りが大幅に進化したということで話題になっています。 今回のイベントではその進化に触れようということで、Rails 7を用いて掲示板アプリケーションを作るオンラインハンズオンを実施します。

ハンズオンの概要や事前の準備についてはこちらを参照ください。

RubyおよびRailsの経験は問いません。 Rails初心者の方も、使っているけど7はまだなんだよねーという方も、もうバリバリ7使ってますよという方も参加お待ちしています。

日時 2022年04月16日(土) 13:00 - 17:00
会場 オンライン開催
参加費 無料

オンライン開催について

  • Zoom というアプリケーションを使って全員がリモートから参加する予定です。
  • Zoom の接続先 URL はイベントの直前に Doorkeeper のメール通知機能を利用してアナウンスされます。
  • 接続方法として、こちらのヘルプに事前に目を通していただけますと幸いです。
    • ミーティングに参加するにはどうすればよいですか? – Zoom ヘルプセンター
    • 接続先 URL をクリックすることでアプリケーションのセットアップも誘導されます。
    • よりスムーズに参加するためアプリケーションのセットアップを事前に済ませていただくことを推奨します。
    • 入室前に、コンピュータのマイク・スピーカーが想定どおりのデバイスが指定されているかを確認しましょう。
    • ハウリングする場合には、ヘッドフォンを使ってみるとよいかもしれません。
  • Zoom と同時にテキストチャットルームも活用します。
    • 発表に対するフィードバックや URL の共有等に利用します。
    • Slack というサービスの Kanazawa.rb 用ワークスペース内 にある #meetup116 チャネルにご参加ください。
    • アカウントの新規発行をご希望の方は こちら から登録ください。
    • Slack はイベントを補助するものであり、本 meetup への参加に Slack 登録は必須ではありません。

ざっくりタイムテーブル

タイトル 時刻 時間 担当
開場 13:00    
自己紹介 13:15 15m  
ハンズオン 13:30   みんな
運営ブレスト 16:25 30m 有志
撤収 16:55 5m みんな

ポジションペーパーについて

当日は初めて会う人もたくさんいると思います。

そこでポジションペーパーの作成をオススメします。ポジションペーパーを用意しておくことで自己紹介がスムーズになりますし、「こういうことやってる人がいるのか。この話を質問してみたい。」「こういうことやりたい人がいるなら、これが一緒にできるかも。」といったことも考えやすくなります。

当日のディスカッションや次回以降のネタを考える弾みになりますので、できるだけ事前に作成しておいてもらえると嬉しいです。どのような形で作ってもらっても結構ですが、permalink があるとお互いに便利だと思います。

テンプレート

gist用のテンプレートも用意しました。forkして書き換えるだけで使えるので便利!

もちろん gist でなくても大丈夫です。 twitter の bio よりちょっと詳しい程度の情報があればだいぶイメージしやすいんじゃないかと思います。

懇親会について

実施形式

  • meetup と同様にオンラインで開催いたします。
    • Zoom を接続したまま各自が飲食をするという形式です。

実施の流れ

  • meetup 終了後、懇親会に参加したい方がそのままミーティングルームに残って実施する流れとなります。
    • 事前に、飲み物や食べ物をご用意いただくとスムーズに参加できるかと思います。
    • もちろん、懇親会が始まった後に準備していただく形でも問題ありません。
  • 解散時間は特に決まっていません。
    • お好きなタイミングでご退席いただいて問題ありません。
    • もちろん、一時的に抜けることもまったく問題ありません。

申し込みについて

  • 参加に事前連絡は不要です
    • meetup 終了間際に口頭でご案内しますので、そのタイミングで参加是非を決めていただいても問題ありません。
    • 必須ではありませんが Slack 等で参加を表明していただけると、さらに参加者が増えるかもしれません。